乾燥肌 克服

乾燥肌とかゆみ

乾燥肌になってしまう事で、ちょっとした刺激にも皮膚が対応できなくなります。バリア機能が低下することで起こる肌の刺激には下着の締め付け部位に過剰に反応してしまうことや、服の糸状の繊維や髪の毛などでかゆみが起こる場合などもあります。そのような場合には乾燥肌対策をとることで、正常な皮膚の状態を取り戻し、バリアの機能を正常化させ、かゆみを起こさない状態を取り戻すようにしなければなりません。よく、夜眠る時になるとかゆみが起こるという人もいます。そのような場合、乾燥肌であるという人もいるのですが、他にも原因が考えられます。

 

日中は交感神経という神経が働いており、気をはっている状態です。寝る前のリラックスした状態になると、副交感神経が働きます。その二つの神経がうまくバランスを保つことができず、自立神経のバランスが崩れ、かゆみが起きるのだそうです。自律神経のバランスが起こるかゆみを防止するためにはリラックスできる時間を長く持つことで改善効果があるとされています。乾燥によるかゆみの場合、乾燥対策としては、ボディークリームや、保湿とかゆみ止めの両方を含んだかゆみ止め保湿クリームなどを利用すると良いでしょう。

 

かゆみを伴った乾燥は自力で治すのは難しいとされています。生活環境によっても乾燥は進みますから適切な保湿で、肌を保護し、ターンオーバーにより、皮膚が正常の状態に再生されるのを待ちましょう。新陳代謝を上げることで、更に乾燥肌対策になります。

乾燥肌と老化

乾燥肌が進むと老化にもつながると言われています。乾燥肌が進むことで、新陳代謝が悪くなり、余分な皮脂が剥がれ落ちず、ターンオーバーが遅くなります。そうなってしまうと、肌の潤いやハリもなくなってきてしまい、結果的にシミやシワの原因となってしまうのです。水分が不足することで、毛穴が開いてしまい、肌の色自体もくすんだ色になってしまうのです。老化を防ぐ乾燥肌対策としては、角質細胞に含まれているセラミドを摂取し、角質細胞の水分を補給することで防ぐことができます。

 

セラミドはサプリメントから服用することもできますし、食品からですと、見た感じの色が黒と判断されるような食材であるものに多くのセラミドが含まれているそうです。黒豆や黒ゴマ、ヒジキやわかめなど、セラミドを摂取しやすい食品となります。黒い食品は食物繊維などを含む、体に良いものが多いため、セラミドの摂取を目的としていなくても摂取を心掛ける方がよいとされている食品です。

 

子どもからお年寄りまで体に良いため、普段の食卓に並べるように心掛けると良いでしょう。肌から吸収したい場合には、植物オイルを直接肌につけることでもセラミドの減少を抑える効果があります。つけすぎるとべたべたとしてしまいがちですので気を付けましょう。化粧水を先につけ、水分補給を忘れずにすると、更に効果的です。歳をとることで、皮脂量が不足してしまうことは当たり前であり、仕方がない事ですが、自分自身で気を使うことで老化を遅らせることが可能なのです。

 

肌に優しい脱毛店をお探しなら、光脱毛もあるTBCがおすすめ
TBCワキ脱毛